メリシャルの日記帳
日常をまったりのんびり紐解いていきます。
プロフィール

メリシャル

Author:メリシャル
ふらっと現れるメリシャルです。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問人数

宣伝コーナー

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯・スマホでのアクセスはコチラから

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国鉄型特急車両「485系」ラストラン

いよいよこの時が来てしまいました。。。
国鉄時代のオリジナルの姿を残している最後の485系が引退を迎えることに
なりました。

そのラストランを飾るべく様々な東北特急が運転されました。
今回はその遠征のお話

◆18日

始発電車でホテルを出発
とりあえず場所を確保して通過を待ちます

719系も置き換えが発表されて今後どうなってしまうのが気になるところ

3241.png
【423M 719系H-4編成+H-**編成+H-09編成】

そして待つこと数十分弱
シールながら「ひばり」のヘッドマークを掲げてやってきました。

3263.png
【回9271M 485系ラストラン「ひばり」(回送) 485系仙台車A1A2編成】

このひぱり号は仙台~郡山での運転となりましたが回送として
陸前山王まで回送されました
この回送は何を意味していたのだろうか。。

3278.png
【回9218M 485系ラストラン「ひばり」(回送) 485系仙台車A1A2編成】

今回は電車での追っかけとなるためになるべく早い段階で磐越西線へ
向かいたかったのである意味の回送に救われましたね

少しだけ余裕がありましたので岩切で停車もおまけで撮影
まぁ光線がよくない事には変わりがないんですがw

3312.png
【回9218M 485系ラストラン「ひばり」(回送) 485系仙台車A1A2編成】

この後は新幹線で先行して磐越西線へ向かいます。
待ち時間は増えますが、場所にはそれなりにいいところが確保できました。

先行のフルーティア連結の快速電車は3色となりました。
今度はフルーティアを撮りにも行きたいところ。。

3332.png
【3235M 719系H-16編成+H-12編成+S-27編成】

そして本番の「あいづ」
いいタイミングで警笛は鳴りやみましたがタイフォンが片方閉まらず。。。
何とも言えない結果に・・・

3347.png
【9217M 485系ラストラン「あいづ」 485系仙台車A1A2編成】

そしてこの日はもうお一人ゲストが走っておりました。
まさか485系ラストランの日と検測日重なるとは思いませんでしたw

3359.png
【9231M キヤE193系East i-D】

先ほどの485系の折り返しはヘッドマークが若松側:あいづ、郡山側:あいづライナー幕で
固定されていたのであえて後打ちを撮影

赤いあいづライナーヘッドマークより特急マークの方が撮りたいっていうw

3384.png
【9218M 485系ラストラン「あいづ」 485系仙台車A1A2編成】

こんな感じで1日目終了ー!

◆19日
昨日の疲れも抜けきれないままこの日も始発でホテルを後にする
いろいろ悩んだ結果撮影場所を確保

仙山線もE721系しか来なくなってしまったのでバリエーションが
無くて寂しいですよねw

3414.png
【825M E721系P-25+P-**編成+P-**編成】

そして待つこと数時間
見事に狙ったのかのような位置で警笛が鳴らされてタイフォンが開きました
シールではなく幕だったのでしっかり決めたかったですけどね。。

3439.png
【9817M 485系ラストラン「つばさ」 485系仙台車A1A2編成】

電車の本数的にも移動は厳しいので同じ区間で逆アングルへ移動
曇りで露出がない中でしたが、復路の文字幕側は鳴らされずにしまった状態で
撮ることができました。

3487.png
【9818M 485系ラストラン「つばさ」 485系仙台車A1A2編成】

これで5列車すべて無事に撮影を終えました
いろいろと未練や残念感はぬぐえませんが最後にこうして撮影できたということが
何よりの思い出となりました。

また一つ好きな物が過去のものへとなってしまいました。。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://miyako1417.blog.fc2.com/tb.php/505-4aa12f3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。