メリシャルの日記帳
日常をまったりのんびり紐解いていきます。
プロフィール

メリシャル

Author:メリシャル
ふらっと現れるメリシャルです。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問人数

宣伝コーナー

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯・スマホでのアクセスはコチラから

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新宿バルト9最終上映記念舞台挨拶

11日に新宿バルト9で行われた
「THE IDOL M@STER 輝きの向こう側へ!」の舞台挨拶レポートです。

登壇者は
・天海春香役:中村繪里子さん
・四条貴音役:原由実さん
・我那覇響役:沼倉愛美さん
・如月千早役:今井麻美さん


の4名が登壇されました。

司会は宣伝プロデューサーの高橋祐馬さんが
担当されていました。

また今回は新宿バルト9最終公開の舞台挨拶いうことで
最前のA列には取材陣の方々も入っておりました。

--

司会の進行の元、登壇者の登場後
それぞれの自己紹介を実施

中村:「後ろの方までちゃんと見えてるからね~!」(春香)

原:「最後の宴を存分に楽しみましょう」(貴音)

沼倉:「みんなハイサーイ!」(響)

今井:「プロデューサー、今日まで本当にありがとうございました。
最後の映画楽しんでいってくださいね」(千早)

と、それぞれのキャラのセリフを交えての自己紹介なりました。

司会:「これが最後の舞台挨拶になるかもしれないのでね」

この発言には登壇者も含めて観客もざわめいていましたw

中村:「確かに第2弾の映画とかも期待できますね~」
今井:「そういう意味じゃないよ!!」
(笑)

司会:「さすが中村さん、欲しがり上手ですね」

ちなみに今回の会場となったバルト9では11週間上映され、
4万1000人(当劇場のみで)の来場者があったとのこと

今井:「今日いるのはその中の数百人なのですね」
中村:「さらに中には何回も見ている人がいるわけで・・」

司会:「かなりの猛者の方がいらっしゃるとは思いますね~」

と、ここで会場に来ている人のみで猛者チェックがスタート

まずは
Q.この舞台挨拶が初観覧だという人は?
→見まわした限りで4・5人

沼倉:「よく我慢しましたね~」
今井:「もしかしたら我慢しないと行けない状態だったのかも」

司会:「まぁお仕事や都合で見れてない方もいらっしゃると思うのでね・・」4
今井:「よし、じゃ今から全部ネタバレするか!」

ここからが猛者チェック
徐々に手を下げていく感じで観覧回数1回から徐々に手を下していく
取り方に

Q.何回見ましたか?

どんどんカウントされていくのですが15回目ぐらいになっても
半数以上の方がまだ手を挙げている状態にw

中村:「ちょっとガンっと(数を)あげた方がいいんじゃないですか?」
ということで15~20回みたいなゾーン区切りへ切り替え

進むにつけて数は減るのですが40回前後まで多くの方が残る状態に

司会:「なんかオークションみたいな感じになってきましたね」

60~65でも下げない2人
ここからは2人は戦い?です

中村:「まって!そろそろバストサイズみたいになってきてる」
今井:「ここまで行くとセリフも覚えていそうですね」

カウントが進むもおろさない2人
会場がどよめく中

司会:「大富豪の方とかですかね?」
中村:「もしかしたら映画館で働いているとか!」
(2人とも違うと合図)

そして90~95のところで1人が手を下してラスト1人へ

司会:「ちなみに(今下ろした方)何回ですか?」
観客A:「91回です。」

司会:「では残った方は?」
観客B:「102回」

これにはびっくりしましたね・・
1日1回ペースレベルの猛者がいらっしゃいましたね

--

ここからは普段の舞台挨拶のように質問形式で進んでいきます。

司会:「今日いる4人は皆さんともにこのバルト9で映画を見たと聞きましたが・・」

Q1.映画を見られたときはどんな感じでしたか?

中村:「予約が出来なくてチケット売り場でチケットを買いました
そして普通に「ここ私の席だから!」って感じで普通に見ていました。」

原:「麻美さんと一緒に8時ぐらいに集まって朝一の回を最後列で見ました」
今井:「朝行って券売機で買って、「フヘヘ」っしてポップコーン買って」
原:「階段のところにあるパネルで「いえーい」って記念撮影ました。」

沼倉:「私は一回、偵察にきて・・ どんな感じが見に来て、パネルのところに
集まっている皆さんの姿を見てニヤニヤして、さの一週間後に見に来ました。

沼倉:「ちなみに私はネットで予約しましたよ!」
原:「賢いですね~」

---

司会:「この会場だけで4万1000人でしたが全体では45万人の来場数で・・
まぁアニプレの汚い策略でたくさん来られた方もいらっしゃると思いますが・・」

Q2.最初の全員での舞台挨拶を振り返ってみて思い出や印象は?

今井:「感無量って言葉が浮き出てくるほどで・・ アイマスに関わって10年強
映画になるとは思っていなかったので、スタートした当時から思うと映画になったとことはすごいと思って「うーーっ」こみあげてくるんですが、
隣に居たえりこさんを見てさらに「うーーっ」ってなってたんですよ」

中村:「感極まったということもあるんですが・・・ご存じのとおり、あの初日の時から
体調を崩しておりまして・・」

中村:「でも不思議と皆さんの前にいる時はあんまりピンチな感じではなかったんですよ」
今井:「出る前は本当にやめた方がいいんじゃないの?って感じで・・
あんな姿私も初めて見ましたし・・」
中村:「自分でもこんなの自分じゃない!って思うぐらいでした。」

中村:「(関係者に)なんかあったらすぐに戻ってこいよ!って言われてて・・
でも私が戻る場所って舞台袖ではないよなって思ってて
アイドルマスターというのはみんなで作っていくっていう作品で舞台挨拶もみんなでていう
ことに繋がっていたのかもしれないですね~
本当に皆さん、ありがとうございましたっ!」

中村:「今後このようなことがないように今年の目標は・・
健康第一とスケジュール埋めです

Q3.地方での舞台挨拶の思い出は?

司会:「名古屋に行った原さん、思い出とかありますか?」
原:「※元961のメンバーで行かせていただいたので懐かしい感じがしましたね
そして名古屋が久しぶりだったのでおいしいものもたくさん頂いてすごく幸せでした!」
※原さん、沼倉さん、長谷川さんの3人

司会:「沼倉さんはアイマスとして初めて沖縄へ行かれましたがどうでしたか?」
沼倉:「響の故郷に行きたいってずーっと言っていたので・・」

沼倉:「行きたいよ→行きませんか?→行けませんか?→
行けないの?→なんで行けないの!! って感じで言い続けて響デビューから
6年目でようやく故郷に行くことができました
Pの皆さんもすごく暖かく迎えてくれたりし胸の中にあるものをすべて
お話しすることができました」

沼倉:「でもまた行きたい!」
中村:「ハムも行きたい!」
今井:「じゃじゃ・・ 千早も・・ いきたい・・

と言いながら4人でゆまさんを見つめる
そして視線を奥にそらすゆまさんw

沼倉:「沖縄にでっかいスタジアムがあったんですよ!」
司会:「まぁ皆さんに言われるとね・・ じゃなんか考えておきましょうか」

湧き上がる会場

今井:「ごめん、そんなに期待させるつもりじゃなかったわ」

---

Q4.1月~3月のアイマスの盛り上がりは?
(映画ももちろん、SSAやそのほかも含めて)

中村:「外から影響を受けるんだなと思いましたね
作品となってスクリーンに映し出されて・・ 
2次元なのにみんなの心を動かしているんだなと・・この3か月間思いました。」

中村:「・・最後のセリフ言っちゃだめなんですよね・・(ネタバレ的な意味で)」
司会:「言っちゃってください!」
今井:「聞きたくなかったら耳ふさいで!」
司会:「120分濃密なのできっとさっきのセリフはここか~ってなるから
大丈夫ですよ」

中村:「もしかしたら、もっと違うやり方があるのかもしれない
でも私にはこれしかできないだって、今までの全部で今私はここに立ってている 
私は天海春香だから!!」

中村:「本当にこのセリフのまんまだと思っているんですよ
これをメンバーの中からではなく、(映画を見てくれた)皆さんから受け取れたってことがすごく嬉しかったです。
本当に皆さん、メール・お手紙・twitterなどで2次元と3次元を繋いでくれて
ありがとうございます!」

--

今井:「アイマスの輪がどんどん広がって行く中で、昨年は大きな転機を
向かえていたと自分は思っていました。
映画を準備していて、新しい後輩が増えて、進化していく姿がすごく怖いと思える時も
ありました。 変わっていくって本当に怖いじゃないですか・・
でも、1月ぐらいに怖くないんだと思いました。 だから今があって・・」

今井:「正直映画もすごく怖かったです。
受け入れてもらえるだうか・・ もしかしたらゆまさんが頭を抱える結果に
なってしまうのではないか・・っていうモノを作る上での恐怖もありました。
でもアイマスはみんなの力で乗り越えられるんだなって思いました。」

今井:「SSAでは後輩の子達も出てきて・・ こういうことを言うと怒られるかも
しれないですが・・ 私の役目はちゃんとできたかなと思いました。
いろんな輪を広げてこれから何十年も続けていくとうれしいと思いますね」

---

司会:「様々な場所でやらせていただいた舞台挨拶も今日を含めて42回目となります。」
今井:「平均的な数知らないですが多いですよね?」
司会:「おそらく、普通は1・2回かと」
中村:「舞台挨拶って普通は公開初日にやるものですものね
最後にやる舞台挨拶って生まれて初めてなんですよ」

司会:「このあとすごく自分がドヤァって感じのことを言うでよろしくお願いします」

司会:「42回でございます。 42・・ よんにー・・ 
シャイ・ニー  (どやぁ!) 」
今井:「本当に言うんですね 楽屋で思いついちゃったんですよ~とか言ってましたが・・」


そして最後に名古屋の舞台挨拶でも行った記念撮影を撮ることに
A列に登壇者が座りまして、みんなと記念撮影!

えりこさんも同じことを考えていたそうで個人ケータイが登場w
(こちらの写真はえりこさんのtwitterやファミ通さんのレポートで見ることができます。)

終わりにそれぞれから一言コメントをもらい
新宿バルト9最終上映舞台挨拶が終わりました。


最後までご観覧ありがとうございました。
誤字・脱字があったら申し訳あまりません

またこのレポートはイベント中のメモ参考に作っているので一部違う個所も
あると思いますがご了承ください。





 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://miyako1417.blog.fc2.com/tb.php/365-2e576c6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。