メリシャルの日記帳
日常をまったりのんびり紐解いていきます。
プロフィール

メリシャル

Author:メリシャル
ふらっと現れるメリシャルです。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問人数

宣伝コーナー

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯・スマホでのアクセスはコチラから

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE IDOL M@STER 輝きの向こう側へ! 舞台挨拶~海老名2回目~
3日にTOHOシネマズ海老名で行われた
「THE IDOL M@STER 輝きの向こう側へ!」の舞台挨拶レポートです。

登壇者は
・萩原雪歩役:浅倉杏美さん
・星井美希役:長谷川明子さん
・秋月律子役:若林直美さん
・プロデューサー役:赤羽根健治さん


の4名が登壇されました。

またこの回は上映前に行われた舞台挨拶なのでネタバレ多くないですが気になる方は鑑賞後に読まれることをお勧めします。

予めてご了承ください


--

司会の進行の元、登壇者の登場後
それぞれの自己紹介を実施

今回の司会はニコ生でも大活躍していた
宣伝プロデューサーの高橋祐馬さんが担当されていました。

進行は質問形式で進行していきました。
(時間の関係もあってか各質問に全員が答えてるわけではありません)


始まってすぐに・・

若林:「何の打ち合わせもしていないのにこの服装の統一感!
一人ルイージが混ざっていますけどね」

226-113.png
(浅倉杏美さんのtwitterより画像抜粋)

見事に黒でそろっていましたねw
さらに若林さんがつけているネックレスと髪飾りは誕生日祝いとして
浅倉杏美さんからもらったものだそうです!

このままネタバレを控えつつ進行へ

Q1.今の率直な気持ちは?

若林:「関わる時間が長いほど泣くのが早くなる作品で、
関わってなくても愛情の大きさでもより泣けてくる作品に仕上がってて、
感動するのはそれだけ愛があるってことだから
素直に泣いていいのじゃよっていう作品になっています!」

長谷川:「とにかく美希が可愛くて仕方ない!
オーディションの時はもっと高圧的なキャラだったがキャラが
完成した後はより可愛くなり、
そしてスクリーンで生き生きと動いている姿を
見るだけで感動してしまった。」

赤羽根:「ここまで来れたのは皆さんのおかげだと思っていますし、
自分はアニメからの参入ですが愛ならだれにも
負けていないと思っています!」

「当時、オーディションの時は人畜無害な声優ばかりだったらしいんですけど
こういう縁でやらせてしまってすごく嬉しくてうぬぼれています!」

浅倉:「雪歩はテレビの時は苦手なものが多く、自分に自信のない子って目に
写りやすいキャラだったと思うが、
それを乗り越えて一歩強くなった姿は成長したな・・と
思ってもらえると思うし、
キラキラ輝いているっていうことも伝わると思います。」

「自分を変えるきっかけともなった姿を皆さんに見てもらえるということが
楽しみで嬉しくて仕方ないです。」

--1回目の時と同様に養成時代のお話へ

浅倉:「この劇場にはよく足を運んでいましたが
当時はそんなこと全然思ってもなかったので
人生面白いなと思っています。」

ちなみにお気に入りの席は一番後ろの真ん中の席が
お気に入りだったそうです。


とここで若林さんがとあるものを持参してきていました
それは・・・

「アフレコ台本(前編)」!!

ちなみに若林さんの私物のためにAパートは初めのところに
「プロデューサーとしてしっかりと!」と書き込みがされていそうですw

せっかくなのでランダムでページを開いてその開いたページの
ワンカット・ワンシーンを生アフレコしよう!

という提案へ

それを登壇者1人ずつ全員で1回はやるという流れに


ってわけでランダム生アフレコのコーナー!
(文章表現に限界があるのでコチラのコーナーは披露したシーン紹介のみと
させていただきます。)


若林さん
「合宿先に到着後窓から海が見えるのを美希が発見するシーン」

長谷川さん
「全員が揃いミーティングの続きを始めるシーン」

赤羽根さん
「合宿最終日、バーベキューで響が肉を焼いているシーン」

浅倉さん
「合宿初日の食事のシーンで貴音がしれっと戻ってきているシーン」

と、各シーンのワンカットをぞれぞれがモノマネも交えつつ
聞けるという素晴らしい企画でした

担当キャラ以外の子のアフレコが聞けるという何とも貴重なものを
聞かせていただきましたっ!

Q2.ここを見てほしい!や見どころなどは?

若林:「何も言わなくて伝わることは多いのですがまずはハンカチ用意を!
そして、素直な気持ちでまっさらな気持ちで見てほしい
終わった後にP同志で感想などを言い合ってくれてたらすごく嬉しいです。」


終わりにそれぞれから一言コメントをもらい
さらに赤羽根さんの掛け声と共にいつもやっている
「アイマスですよ!アイマス!」
の掛け声をやってからTOHOシネマズ海老名2回目の
舞台挨拶が終わりました




最後までご観覧ありがとうございました。
誤字・脱字があったら申し訳あまりません

またこのレポートはイベント中のメモ参考に作っているので一部違う個所も
あると思いますがご了承ください。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://miyako1417.blog.fc2.com/tb.php/336-4512878f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。