メリシャルの日記帳
日常をまったりのんびり紐解いていきます。
プロフィール

メリシャル

Author:メリシャル
ふらっと現れるメリシャルです。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問人数

宣伝コーナー

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯・スマホでのアクセスはコチラから

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE IDOL M@STER 輝きの向こう側へ! 舞台挨拶~横浜1回目~
25日に横浜ブルクで行われた
「THE IDOL M@STER 輝きの向こう側へ!」の舞台挨拶レポートです。

登壇者は
・萩原雪歩役:浅倉杏美さん
・天海春香役:中村繪里子さん
・我那覇響役:沼倉愛美さん
・プロデューサー役:赤羽根健治さん
・総合プロデューサー:坂上陽三さん

の5名が登壇されました。

またこの回は上映後に行われた舞台挨拶なのでネタバレが含まれている
可能性
がございます。
予めてご了承ください


--

司会の進行の元、登壇者の登場後
それぞれの自己紹介を実施

また急きょ登壇となった坂上さんの登場時にはライブ同様に「へんたい!」コールが巻き起こっていました。

オレンジのサイリュウムがあることに一同も驚き
今日一番の歓声だったそうですw

進行は質問形式で進行していきました。
(時間の関係もあってか各質問に全員が答えてるわけではありません)

Q1:劇場の完成をみた率直な感想は?

赤羽根:「一言で言うならばこれは「名作」
アイマス最高と思った瞬間で目線がプロデューサー目線で
序盤から泣いてしまっていた
そして、若林さんと基本泣くところが同じだった」

浅倉:「アイドルだけではなく、みんなですごく成長していて後輩が
入ってきたことによってより、先輩らしく成長しているところが
自分とすごく重なる部分が多かった」

「テレビの時では雪歩はみんなに引っ張られがちだったが劇中の
インタビューシーンにおいては褒められたことに対して素直に受け止められる
雪歩になっていたことがすごく嬉しかった」

そして一番回数を見ているのは
やはり総合のプロデューサーの坂上さんだそうで・・

坂上:「20回近くみているけど、誰かが泣くと自分も泣いてしまう
伊織や亜美真美が寂しいに決まってるじゃん!って言われると
「そうだよね!」と思ってしまう
と、自分も声をやっていて思いました!」

一同:「あれあれ?」
沼倉:「変態役かな?」

坂上:「変態で思い出したけど伊織が罵倒するところでそんなきつく言わなくても・・ってw」

Q2:一番感動したシーンは?
(自身のキャラ以外でも可)

坂上:どうですか沼倉さん?

沼倉:「多くの大事なシーンがあるが中でも春香がステージ上で言っていた
「これまでの全部で今があって、今の全部で先に進んでいくんだ!」っていうセリフで今のアイドルマスターの全体を言っているような気がした。
アニメだけではなく、全体を思ってくれている人が多いということに感激でした」

中村:「どうするべきが正しい答えを探すやさしさのある春香が、そうではない「春香を伝えてほしい」っていうことにみんなは信じているが信じられているからこそ届かなかった時の絶望感もあるし、それを春香がとうしたいかっていうところでどうするのが一番いいのか、どうしたら後輩に伝わるかって考えているところが自分と重なることがあり、改めて劇場版を通してそれをすごく感じた気がしました。」

「だからもっとワガママになろうって思いました」

すごくいい話だったのに最後の終わりはえりこさんらしいなと思いましたねw

赤羽根:「確かに中村さんの言うとおりに「それぞれの信頼関係」が結構ちゃん描かれていた」

Q3-1:書下ろしの新曲4曲のエピソード・思い出話などは?

坂上:「どうですか?浅倉さん!」
浅倉:「なんか急に名司会者みたいになってきましたね」

浅倉:「「ラムネ色青春」を録った時に迷走してしまった・・・ 
曲が明るいために「楽しく歌いすぎてしまう しかしそうするとどうしても雪歩感が薄れてしまう」この迷宮に入り込んでしまい、様々な話し合いを行い
みんなで意見を出し合いながら時間いっぱいまでかけて収録へ」

「好きだったからこそ 表現が難しく、1人でやっているわけでは
ないんだな・・と実感できました。
逆に「M@STERPIECE」では等身大の自分で歌えた気がしました。」

沼倉:「レコーディングのタイミングがすごく良く、
ライブの準備中に「ラムネ色青春」を録って、
ライブの千秋楽が終わった直後に「M@STERPIECE」を録り、
劇場版のアフレコが終わった後に「虹色ミラクル」を収録したので
時間軸通りでその時の空気感や感情を入れることができた。」

「アニメの時にもあったライブシーン収録の自分REST@RTの時では
できなかった歓声を受けながら・想像しながら歌うってことが
うまくできなかったが、今回の「M@STERPIECE」ではライブ直後
ということもありその感覚を想像しながら収録に望むことができた」


司会:ライブシーンといえば赤羽根さんは近くのパシティコ横浜で歓声の収録をされましたよね?

赤羽根:「やりましたね~」
「M@STERPIECE」は曲自体も素晴らしいのですが収録した
ハンドクラップ・歓声で入ることで「みんな一緒」
とすごく感じることができました。」

Q3-2:劇中で登場した「劇場版眠り姫」はいかがでしたか?

会場からは大きな拍手が上がっていました

赤羽根:「あれだけでまた1本作れますよ!」

中村:「やるなら同時上映のやつの作ってくださいよ」

赤羽根:「それは中村さんがおいしいだけでしょ!」

浅倉:「劇中の劇中劇は本当にうれしくて、真の髪を切りながら
「私、真ちゃんが好き」
好きって言ったよ!! 
っていうことがうれしくて宏美さんに「私真に好きって言ったよ!」
って言ったら「あーそうだねー」って流されました

沼倉:響の一人称も「私」になっていたりと、
すごく惑わされるところが多かった

赤羽根:「クオリティは高いんだけど所々でえ?っ思うところが多かった」

浅倉:「新曲が流れた!と思ったら眠り~姫~♪って」


どんどん増える劇中の劇中作品、今後も増えるかも?と
また劇場版の眠り姫の劇中で流れた新曲はフルサイズで収録しているので
どこかで発売になるかも? という情報も出ていました。

最後にそれぞれから一言コメントをもらって横浜ブルク1回目の
舞台挨拶が終わりました


最後までご観覧ありがとうございました。
誤字・脱字があったら申し訳あまりません

またこのレポートはイベント中のメモ参考に作っているので一部違う個所も
あると思いますがご了承ください。
(感動したシーンのえりこさんのところがすごく怪しい。。w)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://miyako1417.blog.fc2.com/tb.php/330-ef214dc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。