メリシャルの日記帳
日常をまったりのんびり紐解いていきます。
プロフィール

メリシャル

Author:メリシャル
ふらっと現れるメリシャルです。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問人数

宣伝コーナー

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯・スマホでのアクセスはコチラから

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!
昨日より公開が始まった
「THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!」
とうとう公開日になりましたね~

昨日は通常回と舞台挨拶2回分の計3回を視聴しました。

2014_01_26_01_42_19_convert_20140126141341.jpg

今週の来場者特典は「クリアファイル&複製セル」でした~

3回見たので3枚入手しましたw

1回目はバックダンサーの子達の自己紹介シーンのカット

2014_01_26_01_47_13_convert_20140126141821.jpg

2回目は小鳥さんの単独カット

2014_01_26_01_43_30_convert_20140126141418.jpg

そして3回目も2回目と同じ小鳥さんのカットに。。。
11種類もあるのに3回目で被るとはorz

友人と交換を行った結果、真美・やよい・貴音の
円陣のシーンへと変わりました。

2014_01_26_01_45_45_convert_20140126141734.jpg


さて・・
特典の話はこれぐらいにして中身に触れて行きましょうか

ここからは先はネタバレしかないですw

まだ見てないからやめてーって方は続きを読むの項目はスルーしてください






-----追記に続く!------



さ~てみたままの感想を書いていくぞー!


スタートから驚かされる劇中の中の劇場CM「眠り姫」
キサラギや任侠ものに続く第3弾のCMでしたねw

壮大なバトルアクションも素晴らしかったのですが、所々ツッコミ満載なのは
アイマスらしかったですねw

特に亜美真美のおしゃぶりはすっごい笑いましたw
なぜこうなったw

劇場版「眠り姫」が公開されないのは残念ですね。。
すっごく見たいwww


さて・・本編では活躍しそれぞれの方向性・活動場所が決まっている
いわばアニメの後日談からのスタートで、そこから全員で行うアリーナライブまでの苦悩やすれ違いなどを細かく描いたものでした。

グループリーダーに抜擢される春香と新しい試みの「バックダンサーの投入」

しかし、このアリーナライブの開催を通して、今まで以上にアイドルたちが成長していることがすごく良くわかり、この時点で結構泣きそうでしたw

そしてライブ開催に向けて行われた全員での合宿
ハードレッスンに付くて行くのもやっとなアイドル候補生(グリマス)の子達

本物のアイドルという刺激を受けながら、時にプレッシャーも感じながら必死についていこうとする感でしたね


合宿が終わった後にはアイドル候補生の子達のステージ慣らしということで
ミニステージでも投入

しかし、初めて立つ舞台に緊張してしまってたり、頭が真っ白になり
失敗の連続・・
その記事をゴシップとして抜かれてしまいうまくいかなくなる始末に

結果的にそのせいでメンバーの1人である可奈がアイドルをやめると言って練習にもこなくなる
そんな中で迫れるリーダー春香の今後の決断

その中で言っていた「春香ならきちんとした結果を出す」ってあたりに
信頼関係が強く絵描かれているんだなと改めて成長っぷりを実感することになりましたねw


その春香の采配による可奈を引きもどしに行くことに
いろいろ説得の上に再び挑戦していくとを決めた可奈であったが、
きっと彼女の中での「春香」という存在がより一層大きくなったものと感じる

このシーンで結構泣かせながらのアリーナライブ当日
流れる曲は書下ろしとなった新曲の「M@STERPIECE」

いろいろと山はあったが最高のステージに仕上がっている一体感
そして8thのパシフィコ横浜で生収録したクラップと歓声を使用することがより一層のリアル感が増してすごく心に来ましたね・・・・

しかもfullなんですよ・・


そして何といってもアイマスは楽曲が多く、喜怒哀楽の表現ができる楽曲が
多いということ

涙を誘われてしまう要因として「挿入歌・BGM」の強さを感じました。
BGMの効果によりより一層泣いてしまうんですね・・・

今回は連続3回視聴していたのですが
結局3回ともボロ泣きするというねww

本当にハンカチ・ティッシュは必需品です
そして見れば見るほどに感動してしまうそんな不思議な気持ちでした。

今後アイドルマスターというコンテンツが発展していくかわかりせんが
この「アイドルマスター」という作品に出会えたことを本当によかったと思える作品でしたね

本当に・・・ アイマス最高
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://miyako1417.blog.fc2.com/tb.php/329-d2ac91f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。