メリシャルの日記帳
日常をまったりのんびり紐解いていきます。
プロフィール

メリシャル

Author:メリシャル
ふらっと現れるメリシャルです。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問人数

宣伝コーナー

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯・スマホでのアクセスはコチラから

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あずみんツアー in 上野
今回はあずみんが訪れた上野の森美術館で開催されている
「魔法の美術館」へと行ってまいりました。

5698.png
(浅倉杏美オフィシャルブログ「SmileyHappily」Powered by Ameba)

2013_09_29_09_30_28_convert_20130929202957.jpg

2013_09_29_09_30_00_convert_20130929202900.jpg

皆さんと待ち合わせしていざ館内へ
さすがに日曜日&終了目前ということもあってなのかすごく混んでいました。

混雑がゆえに完璧再現は難しいそうだったので普通に
見学するモードへw ←

時間で動き出すフクロウの人形や・・

20130929_100525_convert_20130929203642.jpg

光る球を転がすとその軌道のみの場所の色や絵柄が変わる
不思議な体験をしたり

20130929_102530_convert_20130929203812.jpg

手をかざした所だけに色がつく不思議な物まで

20130929_102924_convert_20130929203847.jpg

子供に混ざって自分も体験をする(笑
要するに影に色がついているみたいで面白かったです。

20130929_102940_convert_20130929203928.jpg


足音が遅れて聞こえる不思議な床もありました
踏めば踏むほど色彩が増してカラフルになる仕組みもついていました

20130929_103113_convert_20130929204228.jpg

本当に不思議な仕組みばかりですごく楽しかったです。
しかし、静だけではなく、動が多いものなので画像だけですごさを
伝えることは難しいですね。。。

わかりやすいものだけ掲載しましたっ
10月6日まで開催しているのでもし、興味があったら訪れてみてください。


魔法の美術館を見学したあとは上野アトレ内にある
「Afternoon Tea ティルーム」

こらちで食べられる期間限定のカスタマイズケーキを頂きに来ました。
このメニューもあずみん達が見学後に訪れたお店でございます。

まっさらなケーキの上に自分でソースをかけて
デコレーションすることができるスペシャルケーキなのですっ

あずみんはりんごキャラメルナッツをトッピングで頂いていましたか
自分はナッツ系統のアレルギー持ちなので仕方なく別のトッピングで我慢

2013_09_29_14_26_44_convert_20130929204458.jpg

画像は2人用なので半分にカットしてデコレーションしていきます。
スポイトで文字や絵をかくのは難しいようですね・・

妥協して普通に乗せることにw

2013_09_29_14_35_33_convert_20130929204539.jpg

ソースのミルクティソースがすごくおいしかったです。
他では食べたことの無いようなおいしさでした

機会があればまた、食べに行きたいですね~

一緒に紅茶もいただきましたw

2013_09_29_14_21_42_convert_20130929203335.jpg


ケーキを食べた後は皆さんとお別れして秋葉原へ
そのまま別の友人と共に恋愛ラボの展示を見学

2013_09_29_15_50_30_convert_20130929204734.jpg

館内には設定画集や作画などが飾られていましたよ~
スタンドや生徒会室も再現されていたりと、すごく気合の入った
展示内容でした

2013_09_29_15_37_55_convert_20130929204700.jpg


そんなこんなで今日1日が終了しましたっ

本日、お会いした方々、お疲れ様でした~
また機会があったらよろしくお願いします。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://miyako1417.blog.fc2.com/tb.php/279-b93a8516
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。