メリシャルの日記帳
日常をまったりのんびり紐解いていきます。
プロフィール

メリシャル

Author:メリシャル
ふらっと現れるメリシャルです。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問人数

宣伝コーナー

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯・スマホでのアクセスはコチラから

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中二病でも恋がしたい! 劇場舞台挨拶 ~横浜ブルク~ 2回目 
9月21日に横浜ブルク13で行われた「中二病でも恋がしたい!劇場舞台挨拶」のレポートでございます。

一部欠落、間違い党がある可能がございますが各所にて訂正・修正などを
送っていただけると幸いです。

また舞台挨拶内にネタバレ等を含む個所がごさいます。
見る前でネタバレを避けたい方は見終わってから読むことを
推奨したいします。

司会:赤﨑千夏さん

出演者:内田真礼さん、赤﨑千夏さん、浅倉杏美さん、
上坂すみれさん、石原立也監督の5名

それぞれ自己紹介が終わった後に
Black raison d'etre・改のキメポーズを監督を含めた5名で披露

司会は当番制で赤崎さんが担当されていました。

同じく質問形式の舞台挨拶へ進行

Q1.自分の演じているキャラと映画を見るなら何?
(監督は勇太と映画を見に行くなら何?)
※映画の実名公表あり

内田:六花と見に行くなら「タイタニック」!

理由:恋愛シーンであわあわしている姿をみつつ、ポップコーンを口に詰める
(詰めるというか1個ずつ落ち着かせる意味で放り込む)
可愛いからいじりたいってのが本心?

---

浅倉:くみんを寝かさないにするために「ウルヴァリン」が見たい!

理由:昨日テレビで見てかっこいいと思ったからってのと戦うシーンなど
世界観が似ているから
あと悲鳴などでくみんが寝ないかも?

内田:ちなみに獣系男子はどうですか?
浅倉:日常生活を送れるレベルならいいかも

という質問も飛び出しました。

---

上坂:でこちゃんはいろんな映画を見ていそうだがやっぱり
「タルコフスキー」の映画を見たい

理由:ロシア映画はすごく長くて1時間ぐらいで寝てしまう可能性があるので
でこちゃんのハンマーで起こされつつ見たい

上坂:長い映画って眠くなりますよね
浅倉:すみぺ、ここ映画館だよ

まぁ気持ちはわからなくもないですね~

この後にすみぺによるロシア映画についてちょこっとお話が
会場にも伝わらないほど難しい内容でしたね

ちなみに紹介に上がったのは「ストーカー」と「サクリファイス」でしたね
(気になる人は検索してみよう!)

---

赤崎:森夏と行くならば、感動モノがいい!

理由:あまり絵映画には詳しくないが号泣しそうだから
ちなみに最近、泣いた映画は「最高の人生の見つけ方」

---

石原監督:勇太と行くならば「パシフィック・ホニャララ」
(監督という立場なのでぼかしたのかもしれせんが「パシフィック・リムですかね?」)

理由:絶対に勇太は大好き・中二要素満載!
ちなみに石原監督的オススメは日本語吹き替え版がいいとのこと!

---

Q2.オススメしたいシーン・見どころは?

内田:一言で言うと「カワイイ」ということ!
どこをみても可愛らしさがあふれていてポップコーン入れちゃうぞ!
って感じな所がたくさんなんですよっ

---

浅倉:やっぱりバトルシーンが魅力的!
大画面でのバトルシーンは迫力満載で注目してほしい

---

上坂:いろいろあるが・・じっくり見てほしい!
六花目線で展開されるのでアニメとは違った感じで見れる所に
注目してもらいたい

---

赤崎:アニメとは違った音楽・シーンなど違った部分もたくさんあるので
そういったところに注目しつつ、見てほしい

---

石原監督:あまり言うとネタバレになるので難しいですが・・
六花が変な衣装を着て踊っているシーンですね
(要約:六花のサンバシーン)

---

そして最後にお馴染みのコーナー

ご当地ギャグコーナー!

今回は1回目でやっていない、ちーさま&まーやが指名

先にちーさまが披露することに

赤崎:(バン)(打たれたようにうなだれる)
「もうだめだ・・最後の晩餐は崎陽軒にしようけん」

中二的要素を組み込んだ素晴らしい出来上がりとなっていました。

---

内田:(唐突に高笑いをはじめる)
「桜木町出身! さくらぎんぱちだ! そして私はさらに横浜マントマンなのだ!」

さくらぎんぱち=横浜マントマン 同一人物だそうですw

ツッコミどころ満載でしたが横浜守っているヒーローだそうです
これにすみぺが・・

上坂:いらないよ!!(神奈川県出身)

---

ここで終わりと見せかけて・・・
まだ尺が残っているのでジャンケンをやって負けた1人が追加披露

監督を含めた5人でじゃんけんをすることに

その結果・・・

ちーさまが披露することに
ネタが尽きているので内田さんのマネージャーさんが袖で話していたネタを
披露することに

赤崎: 「ヨコハマのヨコハバ! うれしいワイ!(ピース)」

内田:会場の反応微妙だったよー
と袖に向かって語り掛けるw

舞台裏では盛り上がったそうですが・・w

そして最後に一言ずつ最後に挨拶をして横浜ブルク2回目の舞台挨拶が終了っ

最後の挨拶ではちーさまが最後にやったネタを自ら掘り返すという
うれしいワイ!(ピース)
(ちなみにワイは横浜のYだそうです。)


以上 横浜ブルク2回目のレポートてしたっ
毎度毎度簡単なレポートですみません・・

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://miyako1417.blog.fc2.com/tb.php/273-40495fb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。