メリシャルの日記帳
日常をまったりのんびり紐解いていきます。
プロフィール

メリシャル

Author:メリシャル
ふらっと現れるメリシャルです。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問人数

宣伝コーナー

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯・スマホでのアクセスはコチラから

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中二病でも恋がしたい! 劇場舞台挨拶 ~新宿ピカデリー 1回目~
9月14日に新宿ピカデリーで行われた「中二病でも恋がしたい!劇場舞台挨拶」のレポートでございます。

一部欠落、間違い等がある可能がございますが各所にて訂正・修正などを
送っていただけると幸いです。

また舞台挨拶内にネタバレ等を含む個所がごさいます。
見る前でネタバレを避けたい方は見終わってから読むことを
推奨したいします。

◆新宿ピカデリー舞台挨拶 1回目 ~16時10分~

1回目の舞台挨拶は映画放映後となりました。
映画放映後に関係者の調整が終わり次第のスタートとなりました。

司会:山本舞衣子さん(元日本テレビアナウンサー)
(自身のブログでもこの舞台挨拶についての記事がございます。)

出演者:内田真礼さん、福山 潤さん、赤﨑千夏さん、浅倉杏美さん、
上坂すみれさん、石原立也監督の6名

女性陣はいつのも制服姿での登場となりました。

まずは簡単なあいさつからスタート
キャラを交えたりしつつも普通の挨拶でのスタートでした。

会場の盛り上がりはすごく高かったですw
ノリもよく振ったネタにはとことん乗っかるスタイルでこれには
福山さんも「何でもやってくれるんだな」とこぼしていました。

監督も周りに負けじと挨拶をされていました。

挨拶のあとは質問形式の舞台挨拶へ進行

Q1.会場に集まったお客様を見て率直な今の感想は?
内田:たくさんの方に来ていただいて、どの会場でも暖かく見守って
いただき、改めて始まったことを実感しました。

司会:女性陣の方々は亀有・さいたまと回ってきていますからね
福山:朝からずっと来ているよ?って人いる

との問いかけには結構大勢の方が手を挙げていました。
これには皆さんも驚きを表していました。

---

福山「やっとこの劇場版を送り出せようになり、見終わった後なので言いますが自分こんないい恋をしています。ありがとうございます」

---

赤崎:大好きな作品が劇場版となり、大きな画面で大好きなキャラが
走り回る姿が見れて本当にうれしいです。 

---

浅倉:とっても面白いという自信があっても近くで皆さんの反応が見れるということにちょっとドキドキや不安に思うことが少しあったがたくさんの方が見に来てくれて笑顔で迎えてくれたことなどがうれしくて、皆さんとまた見たいという気持ちになりました。

---

上坂:大好きな世界観で、何度でも見たくなるような作品で、見終わった皆さんがいい笑顔でいるということがうらやましくて自分のその席に行きたいと思うぐらいにどのキャラも元気よく、可愛らしく、何回見ても飽きない仕上がりなのでぜひ何度でもみてほしいと思っています。

---

石原監督:フィルムを作っている側だが、様々な方の力であってできたものを
皆さんで見てもらって本当にうれしいと思ています。

---

Q2-1.キャストの方々へ:演じられているキャラへの思いは?
内田:六花視点で物語は進んでいき、六花の想いや出来事など様々なこともあり飛ばされた一色のシーンなどもありましたがいろいろ思い返すと、また六花との絆が深まったと思い、自分も早く大きなスクリーンで見たいという六花への愛おしい気持ちなどもあり、この作品に出会えてあえてよかったです。

司会:様々な感情表見がありましたが撮り終わった後の心境は?

内田:やりきった感で一杯だったがすべての脱力感がきてしまい・・・
なんか野球の試合が終わったときみたいな?

福山:全然ピンとこないね(笑

野球の試合に出たこともないのにこのたとえを持ってくるあたりがさすがですw

内田:甲子園で砂を集めている感じ?
福山:それは負けた側のやることだよね?(笑

内田:じゃプロレスリングの試合で・・・
福山:プロレスをプロレスリングって言った人と久しぶりに会った気がする(笑

と、2人による漫才みたいなやり取りがありましたが結論としては・・

内田:そんなような達成感があっということです。

---

福山:彼(勇太)に素晴らしい過去があったから六花と出会い、改めて純情で、
もどかしい恋愛が追体験できるようなのは勇太のおかげかな・・と
うらやましいでしょ?

会場からはうらやましいということも多々聞かれました。

あー俺もこういう時・・・なかったな・・ とこぼす姿も見られました。

---

赤崎:森夏はマドンナ的存在だったりもするが途中で化けの皮がはがれ、
いろいろあるが最後にはみんなのお母さんポジジョンとなり、冒頭の結婚シーンでは涙を流してしまうという、まさにおかあサマーみたいなところもありますが自分は森夏と友達になってほしい!と思います。

実際にいたら友達思いのあるやつなんじゃないかなと思うのでぜひ友達に
なってほしいと思ました。

司会:自分と似ているな?と思うところはありますか?

赤崎:あんまりないです(笑

---

浅倉:くみんはいつも笑っていてほわーっとしているが自己主張を
するわけでもないが、ちゃんと周りのことを見ていて六花の異変に気づいたりや
勇太に対して助けを出したり、やはり1つ上の先輩というもわかり様々な表情が見られたかなと思い、くみんを演じた後は自分も
穏やかに気持ちになるので毎回幸せでした。

---

上坂:デコちゃんは軸のぶれない中二病で大好きなマスターが恋に落ちる姿を見て少し寂しい気持ちなる所もあるが、時に女の子らしい繊細なところなども現れてきて、デコちゃんのことがもっと好きになって、他人とは思えない気持ちで一杯です。 自分も見習いたいと思っています。

司会:今日は髪型なども意識されていますか?

上坂:最近、よくツインテールをやるようになりました。

---

続いて監督にはこんな質問

Q2-2.監督からみて5人のキャラはどんな印象ですか?

石原監督:様々なアニメを作ってきたが、1つから作ってきた感覚があるので
オリジナルキャラのくみんや凸守などにも愛着があり、キャストに関しても
自分らで選定ししたのですごく愛着がどのキャラにもすごくあります。

---

この後は記者向けのフォトセッションがスタート
スチール撮影、動画撮影など宣伝・取材素材を撮影していました。

舞台挨拶ならでは光景を目の前で見れたことはいい思い出となりましたねw


撮影が終わった後は最後に一言ずつ感想を言って終わりへ

最後の挨拶のところでは内田さんが涙を浮かべているシーンもありました
それだけ愛情のある仕上がりであるということが伺えましたね

簡単ではありますが1回目のレポートはここまで
→ 2回目のレポートに続く!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://miyako1417.blog.fc2.com/tb.php/264-640f2fe9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。